ブログ

帰りのタクシーで運転手さんと楽しい会話を

更新日:

お酒が入ったから終電・終バスを逃した人いませんか。

nicoverbaan / Pixabay

忘年会シーズンや新年会シーズンなど飲み会が増える時期には、

電車やバスの最終を乗り損ねたことがある方も多いのではないでしょうか。

2015年の年末には西東京バスが高尾駅から八王子駅まで電車の乗り越し客を輸送するため、深夜バスを走らせた。

このようなニュースが話題になりました。

終電・終バスを乗り逃したときのタクシー

西東京バスのような深夜バスという手もありますが、

帰る手段がなくなったときに真っ先にお世話になるのが「タクシー」ではないでしょうか。

ご察しのとおり、お酒の好きな私はよく最終バスを乗り損ねます。

駅から家まで1メーターで行けることもあり、ついついお世話になっています。

タクシーに乗ったら会話を楽しむのが私流!

タクシーに乗った際はいつも運転手の方と話をするのが、私のお気に入りです。

タクシーの運転手さんには男性も女性も、若いお兄さんも、イカツイおじさんもいますので、

いろいろなお話が聞けるから楽しいです。

タクシー業界の裏話などを教えてくれたり、「前にもお姉さん、その質問してくれましたよね?」なんて覚えてくださっている方もいらっいます。

車いすも乗れる大きいタクシーに乗った

例えば、先日タクシー乗り場から乗ったタクシーは、車いすも乗れる大きいバンでした。

自動でドアが開き、バスのようにステップが登場します

健常者の私が(しかも酔っ払いが)乗ってよいか不安になりながら乗車すると、運転手さんも察してくれました。

このタクシーに乗る人の多くは恐縮してしまうそうです。

健常者は遠慮して上げていた手を下げてしまう人もいるそうですが、気にせずに乗っていいのだと教えてくれました。

会社の取り組みだそうですので、応援のためにも出会ったら気にせず手を上げて載せてもらおうと思います。

おしゃれな個人タクシーに乗った

また別の日のタクシーは、内装がとても立派な車でした。

車種も分かりませんでしたが、「このタクシー立派な車ですね」なんて、声をかけたところ、

気を良くした運転手さんは最近の個人タクシーには多いのだと教えてくれました。

個人タクシーとして営業するには無事故無違反で3年、さらに10年のキャリアが必要だそうです。

タクシー運転手のベテランさんだけが個人で営業できるそうですよ。

折角の機会を楽しんでみてください。

今回は珍しい車のタクシーでの話を紹介しました。

まだまだ味のある運転手さんとの会話とかネタは尽きません。

「うわー、電車なくなっちゃったよ。もう!」なんて思ってタクシーに乗った日は運転手さんとの会話を楽しんでみたらいかがでしょうか。

滅多に聞けない話が聞けたり、思いのほか楽しい時間を過ごせるかもしれません。

 

確かにお財布は痛いかもしれませんが、携帯とにらめっこしていないで、折角の機会を楽しんでみてください!

広告




広告




-ブログ
-

Copyright© おーぷん・せさみ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.