ブログ

【FX1回目】好奇心で副業ってネットで言われている内容について調べてみた

更新日:

外貨取引ってなんかかっこいい!

geralt / Pixabay

外貨取引やってます!っていう響きがかっこいいなと思ってますが、

同時に難しそうって思っていました。

外貨取引以外にも、ネット上には「簡単に副業として稼げますよ。」といったうたい文句があふれていますよね。

飲み代の足しにするため、お小遣いが増えたらいいなと、興味津々です。

やれるならやってみたいと思い、

どんなものかと、いろいろと調べてみました。

FXってなに?

FXって正式には「外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)」って言います。

為替レートの差額で利益・損益が発生する仕組みです。

イメージとしてはある一定のものを皆で取り合うようなもの。

いろいろな情報をもとに、利益が最大にでるような取引をしていきます。

「レバッチ」というものがあり、証拠金の何倍もの外貨を取引ができるルールもあるため、

低資金から取引を始められますが損益も多く出してしまうこともあります。

バイナリー・オプションってなに?

これも、ネット上で利益が出ますよ。稼げますよ!っていう記事がおおい仕組み。

FXや株の変動を見て、「上がる」「下がる」を予測して、その値動きに応じて損益が生じます。

FXや株に関連するので、堅い取引のように感じますが、調べてみるとゲームや運の要素が強いものだと感じました。

ゲーミフィケーションってなに?

この仕組みは最近はやっている資金運用。

バイナリー・オプションのように「上がる」「下がる」といった2つの選択肢から正解を予測する仕組みです。

違いは対象がFXや株の変動ではなく、サッカーなどスポーツの勝敗など身近な内容が多いそうです。

賭け事の一種になるため、国内でやることなNGですが、海外サーバー内でのゲーミフィケーションは違法にはなりません。

かなりグレーゾーンの取引だと思いました。

 

イメージの違い

「FX」や「株」と、「バイナリー・オプション」と「ゲーミフィケーション」は取引の仕方が分かれると感じました。

「FX」や「株」は一定量が決まっており、それをトレーダー同士で取り合う。

その取引価格の差で利益を生むので、ライバルは他のトレーダーです。

一方、「バイナリー・オプション」や「ゲーミフィケーション」は

取引会社が決める倍率のさじ加減を予測することで利益が得ます。

そのためライバルは取引会社です。

いずれも、メリット・デメリットがあると思いますが、取引の性格を理解したうえで取り組むべきだと思いました。

FXやってみます。

今回、色々調べてみて私はFXに挑戦してみようと思います。

体験記は後日ブログをアップしますので、どうなったか見てやってください。



 

広告




広告




-ブログ
-

Copyright© おーぷん・せさみ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.