カラーセラピー

TCカラーセラピーを体験してきました

投稿日:

Alexas_Fotos / Pixabay

TCカラーセラピーとは

カラーセラピーって色彩心理学を用いて、自分自身の本当の気持ちや答えに気づくことを目的とした、自分への励ましのワークです。

カラーセラピー元をたどると、イギリスで生まれたオーラソーマが発祥で、それ以降いろいろと派生して種類がたくさんあります。

TCカラーセラピーは日本の北海道で生まれた講座で、取得のしやすさが気になってました。

体験してきた!

TCカラーセラピーって取得がしやすい分、そのカラーセラピーの使い方が多種多様だそうです。

すでにカラーセラピストの方にアドバイスをもらったので、一度体験してきました。

先生はあるけみ~さの山田先生。

お話させてもらうだけで、元気がもらえる素敵な方でした。

もう、ついていくしかない。

この先生にカラーセラピーを習うことに決めました。

色からのアドバイス(3本リーディング)

今回は、3本リーディングと4本リーディング、さらにカラット診断をしてもらいました。

3本リーディングは自己認識のワーク。

選んだ色は「イエロー」「グリーン」「ターコイズ」でした。

ここから私は、

「分析するのが好き、バランスを調和したい、自由な感性でひらめきを大切にする人」ってことを

再認識しました。

これ!って決められたわけじゃなくて、言われた言葉から何が響くかを自分で選んでいるので、

なんとなく、「やっぱりそうか」って感じでした。

色からのアドバイス(4本リーディング)

改めて、4本のボトルを直感で選びます。

「ピンク」「インディゴ」「オレンジ」「ターコイズ」

ピンクってボトルのキーワードは「ロマンチック」なんだって聞いて、え?!!ってびっくり、意外でした。

でもさらに話を進めて、このピンクは人に好かれたい冷静なピンクって感じらしく、

「あ~~~~。」ってなる。

これを繰り返します。

情報が多すぎて、記憶に残ったことだけを書くと。

2本目と3本目の組み合わせが、オーラソーマだと「ピエロ」っていうボトルに当たるそうです。

先生、色に詳しすぎて、いろんな情報を提供してくれます。

このピエロは笑顔の下で泣いているというボトル。

更に言うと、「おーぷんせさみ」っていうメッセージが込められたボトル。

何かを開けたら開けるって自分自身からコメントをもらいました。

決意表明

オープンセサミって出たし。

1対多数に対するコミュニケーションが心地よい人って言われたし。

これを機会にブログの名前も変えてみて、リスタートしてみます。

 

広告




広告




-カラーセラピー

Copyright© おーぷん・せさみ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.