カラーセラピー

カラーセラピーは占いではありません。占いよりすごいかも?!!

更新日:

422737 / Pixabay

カラーセラピーってスピリチュアルな印象がいるかもしれません。

ですが、実際のところ、占いのようなスピリチュアルという感じではなく、

心理学に近いものだと私は感じています。

カラーセラピーには色々な協会があります

カラーセラピーの始まりはイギリスにあります。

多くのカラーセラピーのルーツが、イギリスで発祥した「オーラソーマ」です。

このカラーセラピーは2層の液体が入ったボトルを使います。

ボトルの数が多かったり、セラピーを勉強するハードルが高かったりするので、

そこから色々なカラーセラピーが派生しました。

このオーラソーマはイギリスが発祥ということもあり、セッションをすると、

「天使」や「インナーチャイルド」何て言葉が出てきます。

 

これらの言葉がスピリチュアルぽいと言われる理由かもしれません。

 

カラーセラピーのルーツに迫る

カラーセラピーは色彩心理学に基づいたセッションです。

この色彩心理学は商品だったり、コンセプトなどを考えるときに利用されています。

例えば、ラーメン屋さんの内装に「赤」が使われることが多いのですが、この色を使うことで、お客さんの回転率が上がります。

案外、身近な考え方ではありますが、さかのぼるとアリストテレスまで出てきてしまう長く続く考えなのです。

もしかしたら、昔のヨーロッパでは魔女と言われる考えの一つだったかもしれませんね。

 

カラーセラピーは一緒に考えます。

カラーセラピストは選んでもらった色から、

「あなたは〇〇で、●●でしょう!こうしなさい。」なんてことは言いません。

もし、そんなカラーセラピストがいるならば、また違ったジャンルでしょう。

あくまで、セラピーなのです。

 

カラーセラピーでは色からのメッセージとして

「もしかして、あなたは〇〇で、●●ですか?」という問いかけをします。

これに対する反応が「YES!」でも、「NO!」でも、それが答えなのです。

 

例えば、「あなたはリーダーシップが得意ですか?」と聞いたとき。

・よく委員長などの役職に就くことが多いので、得意といえると思います。

・今、リーダーポジションについて、どんなリーダーがいいか模索しているところです。

・リーダーは憧れるけれど、自分には合わないと思っています。

 

これらの回答が、深層心理からのメッセージです。

この答えと、現状を照らし合わせることで、求めている回答が見えてきます。

 

だからカラセラピストは質問の回答を持ってはいません。

あなたの中にある回答を一緒に探していくのです。

カラーセラピーをやってみませんか?

もし、あなたの中でもやもやすることがあるならば、

色の力を使って一緒に答えを探してみませんか?

 

-カラーセラピー

Copyright© おーぷん・せさみ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.